キャッシングの返済方法

私が以前消費者金融でキャッシングをした時に返済方法についてですが、残高金額に応じたサイクル制になっていました。サイクル制は残高に応じて返済金額が決まるので、残高が減っていくと金額もすくなくなっていきます。私が借り入れした30万円に対しては、13,000円だったので、最初13,000円ずつ返済していました。

20万円になると9,000円に減っていきます。返済額としては、かなり低めに設定されているので、毎月の負担はそれほど多くないと思います。半分ぐらい返済したところで、利息分がかなり大きいことに気がついて、増額して返済していき、結局1年半ぐらいで返済したとおもいます。返済期間を設定して金額を決める返済方法もあり、返済方法はかなり自由度が高いと思います。最終的に計算してみると、34万程度の支払いだったので、まあ納得できる金額だと思います。

よく金利18%程度と聞きますが、残高に応じた金額なので、まるっと18%が必要なわけではないと思います。つまり少しでも残高を減らすと金利分が少なくなるので、できれば増額をして返済していくのが賢い返済プランだと思います。消費者金融も少しでも長く残高を維持したいので、少な目に設定してくれていますが、これもメリット(毎月の負担が少ない)とデメリット(いつまでも残高がある)があるので、あまりメリットだけにとらわれずに、デメリットのほうも考慮して、できれば多少負担が増えても返済を早めるのがオススメ返済方です。

キャッシングの利息について

カードローンやクレジットカードに於けるキャシング枠でよく借りられる人は良くご存知で有ると思いますが。限度額によって金利が設定されています。考え方としましては、限度額が大きければ金利の優遇幅が大きく、逆に少なければ優遇枠が小さいと思っていただければ良いと思います。

なので率的なことを考えますと限度額を大きく設定していただければお得であると言う事です。しかしそれだけ沢山のお金を借りられると言う事で、お金に対してシビアでないと直ぐに直ぐ限度額まで利用してしまい、返済する時には大変な事になりかねないので、その辺そう言った事に自信のない方には、お奨めできませんがそう言った場合には、多少金利が高くても限度額の少ないタイプを選ぶべきであります。

また借りる際には金利の設定を決めて頂く訳でありますが、そう言った時にでも金利の優遇について相談して見るのも一つの手立てと言える思います。

また会社によっては何ヶ月間は利息無料と言うサービスを行っているので、借りる際にはそういった事も視野に入れて進めていけばと思います。借り入れが多ければ、それなりにリスクを背負う事が条件になる事、そして、借り易い反面返済しても完済できないと言った事にならないよう利用していただければ幸いです。

キャッシングよりも、銀行カードローンがオススメ!

お金が必要になった時、キャッシング機能を頼りにする方は多いと思います。しかし、もしも事前にお金が必要になりそうだと分かっている場合には、銀行のカードローンを申し込むことをオススメします。その理由としては、いくつかありますが、まずは金利です。

一般的に、キャッシングよりも、銀行カードローンの方が金利が低いです。また、今は大手の銀行でもカードローンの審査も早く出るようになっているので、スピードの面でも劣らないと思います。そして何より、銀行でお金を借り入れる方が安心感があると思います。

借り入れのタイミングで、きちんと返済方法まで説明してもらえますし、丁寧な応対をしてもらえるので、嫌な気持ちにならずに済みます。

総量規制対象外で融資を望むならまず銀行カードローン

総量規制というのは貸金業法で定められた新ルールで、年収の三分の一以下までの融資しか受けられないというものです。

年収が100万円の人なら33万円程、年収が300万円なら100万円までしか借りることができず、この規制はいくつかの消費者金融などをまたいで借りようとしても適用されるものであるということもチェックしておかなければなりません。

ある消費者金融で年収300万円の人が100万円借りてしまうと、他の会社で借りようとしてもデータの共有をしているために総量規制に引っ掛かり、借りることができません。

さらにお金を借りたい場合は総量規制対象外の融資方法を探さなければなりませんが、総量規制の対象を知っていれば対処できます。

消費者金融のキャッシング、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングが対象ですから、それ以外であればいいわけです。

キャッシングということを強調しましたが、クレジットカードや信販会社を利用しての買い物に関しては他の法律が適用されるので対象外です。

あくまでもキャッシングという枠での話なんですが、この対象以外で有力は融資方法といえば、銀行のカードローンです。

規制の対象外ですから審査次第で規制を気にすることなく融資を受けることも可能な上に、金額の上限もありませんから一度に多額の融資を受けることも可能です。

もちろん借り過ぎというのは注意しなければいけませんが、事情があって年収の3分の1以上を借りたいという場合は消費者金融よりも銀行カードローンを上手く活用する方法を模索していきましょう。

レディースローンは主婦が利用できるキャッシングなのか?

昔はキャッシングを利用する人は自営業で事業資金のやりくりのため、さらには生活費に困った人が補填するために利用するイメージが強かったのですが、今では若い人、さらには女性でもキャッシングを利用しています。そんな中で最近よく見かけるのがレディースローンです。このレディースローンはいったいどのようなローンなのでしょうか。そして主婦が利用することができるキャッシングなのでしょうか。

まずレディースローンとはいったいなんでしょうか。レディースローンの特長は対応してくれる人がすべて女性であるということです。ですので、女性でも安心して申し込むことができます。とはいえ、実際のローンの中身、条件は他のローン、キャッシングと変わりありません。つまり、金利や審査などです。それで、レディースローンだから借りやすいということではありません。

では、主婦でもレディースローンを利用することができるのでしょうか。結論から言うと、専業主婦は難しいです。なぜでしょうか。それはレディースローンは消費者金融なので、総量規制があります。総量規制とは年収の三分の一まで貸すことができるというものです。それで、専業主婦の場合年収がゼロであれば利用することはできません。しかし、アルバイトやパートをしている場合には、年収がありますので条件によっては利用することができます。

このようにレディースローンだからといって、借りやすいという意味ではありませんので、利用を考えている場合には注意してください。

キャッシングをする際に行われる本人確認の際の注意点

キャッシング審査を真剣に考える

消費者金融に融資を申し込む場合、審査の段階で必ず、本人確認が行われます。これは、申込み者が本人そのものかを確かめるためのものであり、消費者金融側にとっては、決して欠かすことが出来ないものです。

では、この本人確認を無事に切り抜けて必要なお金を借りるには、どのような点に注意しておくことが大切でしょうか。

まず、申し込みの際に本人確認書類を持参することは言うまでもありません。この本人確認書類として最も一般的に用いられるのは運転免許証ですが、健康保険証でも大丈夫です。また、これらの代わりにパスポートを提出することも出来ます。それで、キャッシングの申し込みに行く前に、これらの身分証明書が最新のものかどうかを確認しておくことは大切です。

たとえば、引っ越した方でしたら、住所変更を済ませているでしょうか。あるいは、結婚されて名字が変わった方は名前を変更しておられるでしょうか。もし、上記の身分証明書でそうした変更をまだしておられないのであれば、キャッシングの申し込みの前に変更の届け出を済ませておきましょう。

申込書に記入する内容と、提出する本人確認書類の内容に違いがあれば、信頼してもらうことは出来ないでしょう。

そしてこのことは、無人契約機を利用する時でも同じです。申し込みの際、自動契約機で本人確認書類をスキャンすることになりますので、最新の情報に更新したものを忘れずに持参するようにしましょう。

本人確認は必ず行われますが、書類に不備がなければ心配することはありません。

それで、運転免許証か健康保険証、あるいはパスポートを最新のものにして忘れずに持っていきましょうね。

誰にも言えない主婦のやりくりに必要です

どんなに頑張って生活を節約していても、冠婚葬祭といった急な出費は大変家計には負担なものです。

かといって少額を出してケチな人と印象づけることは避けたいものですし、見栄やプライドもやはり主婦にでもあるのです。

一応パートとして収入源がある場合、少額の融資でしたらキャッシングでお金を借りることができます。

特に保証人も必要ないというところが最大の私・主婦にとって嬉しいところです。

基本運転免許証や保険証などで身分証明ができますので、難しいことは特にありません。

仕事もパートでも定期的に安定して収入があれば審査もすんなり通ると思います。

現に私も毎月わずかなパートですが審査は問題なしでした。

今はキャッシングの店舗までいかなくてもスマホやインターネットから申し込めるので郵送で自宅に手紙が届き、郵便やさんや旦那にバレるといった悲劇をうむことはなくなりました。

それに好きな時に申し込むことができて24時間OKなので手軽な所もいいですね。

だけどその日にすぐ借りたいっていう時はその日の午前中に申し込んだりしないと結局審査で最低30分くらい時間は取られるので間に合わないよ~ってこともあります。

あと、便利なのが銀行口座を開設しておくことです。

よく探すと口座を開設しただけでキャッシュバックとかいうサービスもあるし、色んな口座を持っているとキャッシングの提携先となっていて、即銀行口座に振り込みという形も取れます。そうしたらわざわざ出かけなくってもいいので便利です。誰かにお金を借りているところを見られることもないしと思います。

初めてのキャッシングで心配だという方は女性専用のオペレーターがあるプロミスなんかもいいかもしれないです。

困った時の主婦を助けるのは内緒の内緒のキャッシングです。

きちんと返せば問題なし!と思います。

主婦でキャッシングはできるの?

夫の稼ぎだけでは生活が苦しい。一時的に必要なお金ができてどこかで借りたい。そこでキャッシングを思いついたけど自分は専業主婦だし借りれるのか心配。そんな悩みをお持ちの方もいるでしょう。結論から言いますと借りれます。ただし旦那さんの同意とそれに関連した必要な書類は外せません。ここでは収入を持たない専業主婦の人がキャッシングを利用するために必要な事について見ていきましょう。

専業主婦の人がお金を借りるには?

主婦の人がキャッシングなどを利用する場合、必要条件として主婦の方自身に一定の収入がある事が必須です。では収入を持たない専業主婦の人がキャッシングを利用する場合はどうでしょう。この場合夫の同意とそれに関連する必要書類が必須です。つまり旦那に内緒で借りるというのは難しいです。専業主婦をしていると、どうしてもお金を用意しなければならない時もあるでしょう。でもキャッシングを利用する際に審査を通らなければなりません。そこでは勤続年数と年収を評価されます。お金を貸すキャッシング会社からしたら収入の無い人にお金を貸すのはリスクがあります。だから稼ぎの無い人には貸してくれません。だけど、専業主婦の場合収入はありませんよね。それでもキャッシング利用をあきらめる事はありません。専業主婦の場合、旦那さんが稼いでいるからです。ですから、収入の無い主婦でも旦那の勤続年数と年収を提示すれば借りれる可能性が高いです。夫の収入証書や同意書があれば借りるのは難しくないです。

家族会議は大事です

主婦の場合夫の同意なしにはキャッシングを利用できません。でも、これは考えてみれば当然の事です。専業主婦の妻が知らぬ間に借金を作っていたら夫は慌てます。そうならないように、キャッシングを利用する際は旦那さんの同意が必要なのですね。旦那をうまく騙してお金を借りようとかするのであれば考え物ですが、家計のために借りたいのであればその旨を旦那に伝えて、協力する事が大事です。